事業経営者必見!ビジネス資金サポートを選ぶポイント

>

ビジネス資金サポートと節税は関係あるのか?

節税は事業経営にプラス

金融機関からビジネス資金サポートを受けて返済が必要であったり、経営で経済的な余裕を持たせかったりする場合、節税は1つの武器になるでしょう。

青色申告での確定申告は特別控除の対象で節税に効果がありますが、未だ申込をしていない人は、指定の期日までに税務署へ承認申請書の提出をしましょう。

確定申告の際、経費で通信費や広告宣伝費、家賃などの記載を行うと節税に繋がります。費用負担の節約に繋がり、事業経営でプラスになるのが期待できます。会計や簿記のスキルも身に付くため、スキルアップにもなるでしょう。

なお、青色申告をする場合は複式簿記で記載が必要となるケースも。会計や簿記に詳しい人なら問題ないですが、そうでない場合は苦労するかもしれません。自分で勉強するのが難しい人は、会計ソフトを用いるのも良いでしょう。

過度な節税は危険

経済面の負担軽減を図るために節税をするのはアリですが、過度に行うとペナルティの対象となりかねません。追徴納税以外に、悪質な場合だと刑事罰の対象となります。場合によっては、取引先や従業員からの信頼低下を招きかねません。

例えば、在宅ワークで自宅を利用する場合、賃料を科目に入れるのはアリです。しかし、全額ではなく、仕事をする時間の割合に合わせて経費で算出するようにしましょう。

他には、経費を増やして手元に現金が少なくなったケースも。捉え方次第では、間違ったお金の使い方をしていると判断されます。特にビジネス資金サポートを受けたい時に金融機関からの信用低下を受けると、審査でマイナスとなるでしょう。

節税をする場合は、やり過ぎないように対策を立ててください。対策の1つとして、資金に余裕がある場合は、税理士に顧問契約を依頼するのもアリです。