事業経営者必見!ビジネス資金サポートを選ぶポイント

>

ファクタリングという方法もある

ファクタリングの仕組み

取引先との売買を売掛で行った場合、未払いの問題が発生することが起こりかねません。手元にビジネス資金が必要な時に間に合わない場合には、ファクタリングを選択肢に入れるのはいかがでしょうか。

買取型であれば、売買した債権をファクタリング会社が買取、手数料を差し引いた額を現金化してくれます。担保や保証人が不要なのも、利用しやすいポイントです。

売掛先が経営悪化などの理由で信用問題があるなら、貸し倒れのリスクを防ぐために保証型を選ぶのもアリです。保証料金を支払うことで、回収不能な状態になっても保証会社が代わりに支払いを行います。

ちなみに、ファクタリング業者と自社間での2社間の取引であれば、最短で即日の現金化ができます。手数料の目安は、買取型で15から20パーセントが相場のようです。各種参考にして、自分に合ったサービスを選びましょう。

ビジネス資金確保の目的には適していない?

ファクタリングは売掛金などの未払いが発生しており、現金が必要な場合に利用するのは有効です。しかし、概ね手元に現金が不足しているケースは、事業経営において大きな余裕が無いと考えるべきかもしれません。

銀行で融資を受ける際に、担保や資本金などがあるため、返済不能に陥るリスクが低いことは評価の対象です。さまざまな手段を選んだうえで売掛金をファクタリングで現金化する場合は、返済が間に合わない可能性が高いはず。また、現金が少ないケースでは、事業経営で余計な所に費用を充てている可能性はあります。

ファクタリングにより売掛金を現金化するのは大事ですが、一度事業経営の見直しを図るのをオススメします。ある程度ゆとりが持てるようになれば、金融機関にビジネス資金サポートを依頼する方が、きっと事業経営の成功に繋がるのが期待できます。