事業経営者必見!ビジネス資金サポートを選ぶポイント

>

いくつかのビジネス資金サポートの手段を紹介

メガバンクの利用を考えるなら

メガバンクの強みは、資金力があること。事業経営者の中には設備投資や事業拡大、M&Aを行いたいと考える人はいるでしょう。メガバンクであれば、高額なビジネス資金サポートを依頼する場合でも応じられる体力があるので、心強さを得られます。

事業経営者の中には、海外に販路を求める人がいるかもしれません。メガバンクの中には海外の主要都市に支店を設けています。上手く活用すれば、海外支援や国際業務におけるサポートが期待できるでしょう。一方、地方には店舗が無い傾向にあります。オンラインビジネスが普及しており、地元から世界へをコンセプトにしている人もいるでしょうが、店舗が無いとニーズは合わないかもしれません。

なお、事業性評価融資を採用する所もあり、担保や資本力がない事業経営者であっても、条件次第ではビジネス資金サポートが受けられます。

地方銀行や信用金庫であれば

地域密着で事業展開を考えたり中小企業として事業経営をしたりする人は、地域に根差した金融機関の利用をオススメします。

地方銀行の多くは、信用保証協会の保証付融資を提供しています。経営悪化などの理由で返済困難な状況に陥っても、立替払いが可能なため、ビジネス資金サポートを受けられる可能性は増します。とはいえ、担保の有無や過去数年間の経営状況は審査対象となるので、簡単に借りられるわけではありません。

資金面で体力のある事業経営者が地方銀行や信用金庫を利用する場合も。大口顧客は、地方の金融機関では上客の1人です。金融機関との取引があるだけで顧客や取引先からも高い評価を得られます。上手に利用してビジネス資金サポートに繋げている事業経営者もいるようです。