事業経営者必見!ビジネス資金サポートを選ぶポイント

事業もこれで安心!ビジネス資金サポートの仕組み

いくつかのビジネス資金サポートの手段を紹介

事業経営者でビジネス資金サポートを受ける場合、銀行や信用金庫の利用も良いでしょう。全国展開している銀行であれば、経営体力があり大口の融資を受けられるでしょう。また、地方銀行や信用金庫なら地元に根差した営業を行います。それぞれに強みと弱みがあるので、参考にしたうえで選びましょう。

ファクタリングという方法もある

事業経営を続けていくと、経営悪化や取引先からの入金未払いなどのトラブルが起こり得ます。手元に資金が不足している状態にある時は、ファクタリングを行うのもアリです。急ぎの依頼には有効かもしれませんが、中長期的なビジネス資金サポートで利用を考える場合は注意が必要です。

ビジネス資金サポートと節税は関係あるのか?

金融機関などでビジネス資金サポートを受ける場合、返済の問題が出ます。事業経営の範囲内で費用に充てるのも良しですが、負担を減らしたい時には節税を行うのも有効かもしれません。いくつかポイントを紹介するので、事業経営で採用する際の参考にするのはいかがでしょうか。

銀行や信用金庫であれば

事業経営を行う際、設備投資や運転資金確保の理由でビジネス資金サポートを利用するケースはあるはず。自分に合った選び方を行うのも、事情経営の戦略として欠かせません。

銀行や信用金庫のような金融機関を利用するのも良いでしょう。銀行であればメガバンクや地方銀行があり、信用金庫だと地域に根差した営業を行います。特に経営体力がある銀行であれば、大口の支援を受けやすくなる場合も。審査の条件があれば、大型な設備投資や事業拡大の用途で利用ができます。

取引先の経営悪化などの理由で売掛金が得られなかったり事業経営の悪化に伴い資金確保が必要であったりする場合は、ファクタリングも1つの方法です。特に早期に現金が手元に必要な場合に利用するケースが出ます。利用しても負債が増えないため、事業経営が苦しい時でも心強さを得られます。ちなみに保証型ファクタリングを提供する会社があり、売掛金の回収ができなかった時は、保証会社が保証金を支払ってくれるので安心です。

各種ビジネス資金サポートを利用する場合、節税を図るのも有効かもしれません。確定申告を青色申告で行う場合、通信費や家賃、固定資産税などを経費の支出に充てるのは可能です。費用負担の削減に繋がれば、経費の節約や資金の返済をするうえでプラスになります。ただし、余分な申告をしてしまうと、税務署からの指導を受けます。追徴課税以外に、悪質であれば刑事罰の対象となりかねません。自分なりの研究や専用ソフトの使用で対策を図るのも必要ですが、場合によっては税理士のような専門家に相談するのもアリです。